そいねんねの組み立て方

工具の使い方

電動ドライバの使い方

電動ドライバは効率的にネジを締めることができる道具です。
2000円ほどで購入することができ、比較的柔らかい木材であるSPF材に使うのであれば十分なパワーがあります。 あまり回転速度が早くないので女性でも安心して使うことができます。
また、電動工具にしてはコンパクトである点もメリットのひとつです。
IKEAの電動ドリルは充電式で、ベビーベッドの製作には2度の充電が必要でした。



電動ドリルドライバの使い方

電動ドリルドライバは電動ドライバがパワーアップし、締め付けトルクを調節できる ラチェット機構が追加されたものです。
ベビーベッド以外にもどんどんDIYをやっていきたい人は購入して損はありません。
最も活躍する電動工具の一つです。4000円ほどで購入することができます。



ラチェットの調節
まずは一番低い数値に設定し、実際にネジを締めながら徐々に設定値を上げていき、ちょうどネジ頭が木材表面に接地したときに空回りするようにしましょう。 この調節を誤ると強く締めすぎてしまい、木材が割れてしまいます。

木ネジの打ち方

一般的な木材では下準備として、木ネジより少し細い径のした穴をドリルであけます。
ただし、SPFは割れにくいので細い木ネジを使用すれば下穴を省いても問題ありません。
最も注意すべきはゴリゴリとドライバービットとネジ頭を空回りさせないようにすることです。
ネジ頭がなめてしまうと締めることも引き抜くこともできなくなってしまいます。
二つの木材を手で押さえながら、ネジを食い込ませるのはとても難しいので、図のようにまず片方の木材にネジを先を食い込ませた状態にして、 二つの木材を合わせてネジを締めこむことで効率よくネジでSPFを組み合わせていくことができます。

組み立てる

部品をならべる

まずはすべての部品を並べてみましょう。部品の寸法、個数が間違っていないかチェックします。 これから組み立ての説明図には左図の番号を使ってどの部品なのかを示します。
1.足 (長さ:足の高さ+600 個数:6)
2.柵 (長さ:600 個数:16)
3.柵の桟A (長さ:1200 個数:1)
4.柵の桟B (長さ688: 個数:2)
5.すのこ (長さ:700 個数:18)
6.ベッド枠A (長さ:700 個数:2)
7.ベッド枠B (長さ:1162 個数:3)

ベッド枠を作る

【使用する部品:6,7】
それぞれの隅を3点でネジ止めしてください。
大きな部品ですので、一人で部品を押さえながらネジ締めをするのは大変です。
誰かに手伝ってもらうと良いでしょう。
床に近いネジを締めるときに工具と床が当たってしまいますので、部品を床から浮かせるために、左下図のように敷板をします。
7番の梁は丁度中央に位置します。端から中央までの寸法は350ミリです。

すのこを乗せる

通気性の良いすのこ
【使用する部品:5】
それぞれのすのこの間隔は21ミリです。
端から順番に寸法を測って置いていきます。この時、いきなりネジで固定していかないで下さい。最後の方に寸法誤差が累積してすのこの間隔がおかしくなる恐れがあります。
すべてのすのこを置いてみて間隔が一定になるように微調整をしたあとにネジで固定すると綺麗に仕上がります。

足を取り付ける

【使用する部品:1】
この作業で難しいのはママベッド側の足(1部品だけの足)を正しい位置に取り付けることです。
足の高さがばらついてしまうと、ベッドがガクガクと揺れてしまいます。
まずは4番の部品を使って、ママベッド側の足を取り付ける際の目印を鉛筆等で書きます。
4番の部品はベッド枠の端(ママベッドから遠い方)から19ミリ(板厚分)飛び出した位置に置いて、目印を付けてください。間違えやすいので注意してください。

ママベッドから遠いほうの足はベッド枠に取り付ける前にL字に組み立てておきます。
そうすることで、ベッド枠に取り付けるときに、角を合わせて垂直に固定することができ、足の出っ張り量を寸法通りに合わせるのに集中することができます。
ベッド枠の四隅に既に打っているネジと当たらないように注意しながら、1つのL字部品あたり、7~8本のネジで固定してください。最も荷重がかかる部位なので丁寧にネジ締めをします。

ママベッド側の足はあらかじめつけていた目印を基準にします。足がベッド枠と垂直になっていることと足の出っ張り量を同時に合わせなければならないので、慎重に位置決めを行ってください。二人以上で作業しないと難しいかもしれません。
4本のネジで固定してください。

柵をつける

【使用する部品:2】

・赤ちゃんの足と頭の面に取り付ける柵の間隔は63ミリ
・ママのベッドと反対側の面に取り付ける柵の間隔は78ミリ

柵はベッド枠の下面に合うように取り付けて下さい。他の部品を定規のように下面に合わせて使うと簡単に垂直にすることができるので便利です。
ネジは上下2点で固定します。


柵の上面の高さがバラバラにならないように注意しましょう。どうしても部品の寸法誤差が大きい場合は上面が均一な高さになるようにしてください。上面の高さが合っていないと柵の上に渡す桟との間で隙間が生じてしまいます。





ついに完成

【使用する部品:3,4】
最後に3番と4番の部品を図のように取り付けて完成です。
この部品はよく手が触れるので、ネジの頭は強めに締めて、頭を1ミリほど埋めてしまいます。
細くて薄いのでネジ締めのときに外起きされていた質が悪いSPFだと割れるかもしれません。
そのようなときは工具にドリルを付けて下穴を開けてください。
ネジの頭が気になるようでしたら木工パテで埋めるとさらに見映えがよくなります。
分解して再利用するのが難しくなるので、注意してください。
このベビーベッドは組み立てた時と逆の順番でネジを緩めることで完全に分解して、学習机や本棚等、子供の成長に合わせてまた新しい家具に作り替えることができます。DIYでベビーベッドを作る最大のメリットです。